弁護士費用

※数千万円に上る高額な賠償金額となるお客様を除いて、通常、全額保険会社の負担となります。

実際に、当事務所にご相談にいらっしゃる大部分のお客様は弁護士費用特約を活用し、ほとんどがご負担なしでご利用いただいております。

弁護士特約

 

初回相談料

初回相談料:0円(無料)

・(法律)相談料とは,弁護士に手続きの代理を依頼せずに,相談のみを行う際の料金です。

着手金

着手金:0円(無料)

・着手金とは,法律事務所に依頼をする際に最初の段階でお支払いいただく料金です。

報酬金

保険会社の提示が無い場合  :報酬金:18万円+獲得額の10%(税別)

保険会社から示談金額の提示がある場合:報酬金:18万円+増額分の20%(税別)

※完全後払い制

・報酬金とは,保険会社からの保険金を受領した際にお支払いいただく料金です。

注意事項

・実費は別途発生します。 
・裁判を提起した場合,追加の報酬金をいただくことがあります。

 

当事務所の費用体系の特徴

通常、法律事務所に法律相談をする場合には法律相談料がかかります。また、依頼をする場合には、交通事故解決のための着手金を請求額によって設定しています。

しかしながら当事務所では、依頼者の皆様のご負担を軽減するために、人身事故の相談料、着手金を0円としております。なお、弁護士報酬は示談金を受領した後の完全後払い制となっております。

また、当事務所の費用の規定は、皆様の経済的な負担ができるだけ少なくなることを心がけています。保険会社からの取得額は増えたが高額の料金を支払ったら、結局弁護士に依頼する意味がなかった、ということがないような費用体系となっております。詳細はお問い合わせ下さい。

 

 

交通事故の費用についての補足説明

当事務所ではできるだけわかりやすくホームページ上に費用を掲載していますがわかりにくい部分もあるかと思います。初回の無料相談の際にご依頼いただいた場合の費用についてご説明しますので,まずは無料相談をお勧めします。

 

実費について

当事務所に保険会社との交渉・訴訟をご依頼いただいた場合,以下の実費が発生します。

1 交渉の場合

  高額の実費が発生することはありません。郵送費・交通費などの若干の実費が発生することがあります。

2 訴訟の場合 

  裁判所に支払う印紙代がかかります。目安としては以下の金額です。

(1)訴訟提起の際の金額が1000万円の場合 実費が5万円程度
(2)訴訟提起の際の金額が3000万円の場合 実費が11万円程度
(3)訴訟提起の際の金額が5000万円の場合 実費が17万円程度
(4)訴訟提起の際の金額が1億円の場合    実費が32万円程度

 なお,印紙代の後払い制度(訴訟救助という制度)を利用することにより,上記の実費が直ちに負担できない方の場合であったとしても訴訟を提起できることがあります。  

 また,自賠責保険の被害者請求を先行することにより,上記の実費分の保険金を先に取得することもできます。 そのため,実費がなくて訴訟ができないということは通常ありませんので大丈夫でしょう。

 

 

相談料金・着手金0円 交通事故無料法律相談のご予約 0868-32-0255 平日9:00~19:00 土日9:00~18:00 交通事故に関する法律相談のご予約はこちら
PAGE TOP